おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」
井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ次郎法師(柴咲コウ)。政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとする。これに対して今川義元(春風亭昇太)の出した交換条件は、井伊谷での大規模な「検地」の実施だった。井伊直平(前田吟)は自分の治める川名の隠し里に今川の検地の手が及ぶことを恐れ、怒りをあらわにする。

今川の検地に対して、直親は自分が如何に誠実で政次を信頼しているかをアピールし、政次の協力を得て隠し里の存在を今川に明かさないようにするが、いざ今川に隠し里の存在がバレると直親が馬脚を表し、政次に罪をなすりつけようとするところで、直親も所詮は人であることと、同時に今川の犬と罵られながらも井伊家を支える立場にある政次の、そして小野家の苦労が視聴者にも分かりやすく伝わってきた。しかも、初恋の女である次郎法師も井伊家のためと言いながらずっとこの直親のことを気にしているのだから、政次としては腸煮えくり返る思いであったことは想像に難くない。また、直親の鈍感な部分を強調してみせた比喩的な表現として、自分が次郎法師と仲良くしていることを妻が良く思っていなくても気にも留めないというものがあり、このあたりが人の上に立つ者として致命的である、とこの作品としてはしたいのかもしれない。今後、直親が足元をすくわれていくことの布石でもあろう。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」 (ドラマ)