ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!」 (アニメ)

                 
ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!」
亜美たち5人は、一泊二日の自転車旅行で「しまなみ海道」を訪れる。名コースならではの絶景とグルメを満喫しながら、泊まりがけのサイクリングに求められるノウハウを体験する亜美。そして、雛子や弥生、紗希たちの目標が、「PBP」(パリ~ブレスト~パリ)というブルベの最高峰に参加することだと知り、異国を走る壮大なロングライドに想いを馳せる。しまなみ海道を走りきった亜美は、「これからも自転車で走っていきたい、どこまでも、みんなと一緒に」という自分の強い気持ちに、あらためて気付くのだった。

ろんぐらいだぁす!最終話。最終回にして新キャラ登場には驚いたが、自転車によって広がる人との繋がりの輪をアピールしているのだろう。一人で走る楽しさというのも併せてフォローされていると尚良しとは思ったが、しまなみ海道を走りながら風景に溶け込んでいくシーンには情緒を感じることが出来た。ただ、雨の中のライドについてはどうだろう。虹が見えて、雨の中の走りも楽しいと繋げられるのには首を傾げてしまった。実際の自転車乗りにとっても雨はまた違う光景を見ることの出来るチャンスとして堪能出来るものなのかもしれないが、ママチャイライダーの筆者における雨天というものは憂鬱でおっかないものでしかないのでいまひとつピンと来ない。
                 

コメント

        

        
> > ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!」 (アニメ)