イノシシ狩り

                 
イノシシ狩り
イノシシ狩り

うちの地区で今年度4回行われる予定の銃器と猟犬による有害獣駆除の3回目が終わりました。今のところ成果は芳しくないようですが、こうやって人と金を動かすことが重要なのかもしれません。ケインズっぽくね。しかし、僕は1円も貰ってないのですから、これリソースの配分の仕方、間違っているんじゃないでしょうか。とはいえ、猟友会も若い人がほとんどおらず、割に合わないことが伺えました。それが結果として良いものに結びつくのかどうかはともかく、皆ボランティアでやっております。

夏に行われた事業仕分けではこのセクターに於いてかなり甘い意見が多かったのですけれど、必要性を認めつつも、費用対効果の面で見てどうなのかや実施内容に問題はないのか、あるいはもっと市民に成果を分かりやすくアピール出来るものにならないのかなど、今一度改めてみて欲しいところですね。人は結果の出ないものに厳しいですから、はい。こんなに時間を割いているのに町会長である僕の肩身も狭いです。こんなの絶対おかしいよ!(まどマギ)

ただ、市原市においては、今年度猪に対しての捕獲を含めた駆除に成功した数が3000頭を超え、一応年々右肩上がりに成果は出ているという職員の方々の説明という名のアピールはありました。28万人の市原市民の皆さん、明日の市原市を良くするためにもご理解とご協力をお願いします。僕は一刻も早く出ていきたい。畑の砂埃と猪に悩まされることのない場所へと。
                 

コメント

        

        
> > イノシシ狩り