おんな城主 直虎 第8回「赤ちゃんはまだか」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第8回「赤ちゃんはまだか」
直親(三浦春馬)と夫婦になって4年、しの(貫地谷しほり)はいまだ懐妊の兆しがないことを気に病んでいた。その様子を見かねた次郎法師(柴咲コウ)は、政次(高橋一生)に子を授かるための妙薬を買い求めてくるよう願い出る。その頃駿府では、今川義元(春風亭昇太)が家督を息子の氏真(尾上松也)に譲り、尾張の織田攻めに向けて着々と準備を進めていた。直親はこの戦で初陣を飾りたいと直盛(杉本哲太)に参陣を申し出る。

いつまでも子どもが出来ないことを思い詰めていた直親の正室であるしのを見かねて次郎法師が子作りに効く妙薬としてジャコウを買ってくるが、しのはかつて直親と結婚の約束をした次郎法師が自分の不幸を願っているのだという被害妄想に取り憑かれてヒステリーを起こす。

しのと対照的な存在として次郎法師の姿を映すことで、時代物である大河ドラマのリアリティを維持しつつ現代の視聴者に対して結婚や子どもだけが女性の幸せではないというメッセージが企図された構図になっているのかもしれないが、悲しいかな次郎法師(柴咲コウ)が絡むと途端にドラマが白々しくなり、結局女性の幸せは結婚と出産を勝ち取ることにしかないと結ばれてしまっている。ただ、それを含めて肩身が狭い次郎法師の姿が現代の視聴者の共感を誘うところはあるだろうし、しのの姿にだって妊活に励む人やパートナーの浮気に悩まされる人が己の姿を重ねられるものになっているのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第8回「赤ちゃんはまだか」 (ドラマ)