ソードアート・オンラインⅡ #2 氷の狙撃手 (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #2 氷の狙撃手
大型狙撃銃《へカートⅡ》を武器とし、《GGO》随一のスナイパーとして活躍する少女シノン。所属するスコードロンの仲間と共に、他のスコードロンを襲撃した彼女は、第1目標の狙撃に見事成功。だが、第2目標として狙ったマント姿の巨漢に、銃弾をかわされてしまう。巨漢はマントの下に隠し持っていた重機関銃を取り出すと、圧倒的な火力で反撃し、シノンらは一転窮地に。仲間たちが弱気になる中、強敵との出会いを求めていたシノンは……。

GGO内で最高のスナイパーと評されるシノンちゃんの活躍がキリトそっちのけで丸々1話使って描かれる。何か大きなものを抱えているようで、過去の苦しみに比べれば目の前の困難など困難ではないと割り切りながら前進し続けるタイプのシノンは、クールでありながらも熱いものを秘めたキャラクターであることが視聴者の筆者にはよく伝わってきた。そして、そんなシノンでも胸元の開いたコスチュームを着用して女性であることとファントム・バレット編のヒロインであることを強調しなければならないところに、制作側の都合とはいえ、考えさせられるものがある。
                 

コメント

        

        
> > ソードアート・オンラインⅡ #2 氷の狙撃手 (アニメ)