おんな城主 直虎 第9回「桶狭間に死す」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第9回「桶狭間に死す」
今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった直盛(杉本哲太)。父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に思わぬ悲報がとびこむ。桶狭間で今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたというのだ。負傷兵たちの手当てに次郎法師が奮闘する中、供をしていた奥山孫一郎(平山祐介)から直盛の最期の様子が語られる。一方、松平元康(阿部サダヲ)は空になった古巣の岡崎城に入城し、ついに今川家からの独立を果たす。

桶狭間の描写はあっさり。真田丸の時の関ヶ原を彷彿とさせるが、桶狭間後の家中のドラマをメインに描くという構成は悪くない。桶狭間で生じた混乱に乗じて機を見るに敏であった松平元康と狼狽するしか無い今川氏真、そして後継問題で各々が抱く思惑が渦巻き、まとまりを欠いていく井伊家の姿が対照的に演出されていた。

井伊家の男たちの頼りなさは次郎法師をトップに据えるための伏線のようでもあり、現代社会の風刺のようでもあったが、ここまでのドラマを見ると柴咲コウがそれほど優れた人物とも思えず、彼女へのお膳立てのためによほど男たちを無能に描かなくては、という鬼気迫るものが伝わってきてしまうのが皮肉でもある。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第9回「桶狭間に死す」 (ドラマ)