おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」
奥山朝利(でんでん)をもみ合いのすえ刺殺してしまった政次(高橋一生)が次郎法師(柴咲コウ)のもとを訪れる。次郎法師は手負いの政次を寺でかくまうことにする。父を討たれたしの(貫地谷しほり)は悲嘆にくれるが、小野家に嫁いでいた妹のなつ(山口紗弥加)の口から意外な事件の真相が語られていく。一方、松平元康(阿部サダヲ)は今川家に反旗を翻すが、駿府に残された妻の瀬名(菜々緒)は窮地に立たされてしまう。

奥山殿を殺してしまった政次のために奔走する次郎法師。惚れた女にそこまでされたら次郎法師と井伊家のために純情な政次が直親と絆を確認しながらもあっさりと裏切ってしまうのも分かるような気がすると思わせた回。実際、政次がどう変わっていくのかは分からないが、チャンスをものにした阿部サダヲ演じる松平元康が徐々に風格を漂わせていくように人は立場に応じて大きく変わっていくのだろう。氏政は情けなくなってしまったが、それも含めて、その人に応じた地位を与えてやりなさいという教訓じみたエピソードにもなっている。

しかし、今後の政次を考えると、奥山殿を殺してしまった経緯についてもどこまで本当か分かったものではなく、疑心暗鬼じみたものを視聴者は感じてしまい、そしてそれが政次であり、小野家の受難というものをうまく演出されてもいるように思った。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第10回「走れ竜宮小僧」 (ドラマ)