アナと雪の女王 (映画)

                 
全画面キャプチャ 20170316 42146 アナと雪の女王 MovieNEX [Blu-ray]
王家の姉妹エルサとアナ。姉エルサは、自分の“禁断の力”を制御できずに王国を冬にしてしまう。凍りついた世界と姉を救うため、妹アナは山男のクリストフや“心温かい雪だるま”のオラフと共に、エルサの後を追って雪山へ向かう。
圧巻の歌と映像で<真実の愛>を描いた感動の物語。

2013年のアメリカ映画。ディズニー製作によるミュージカル調の3Dアニメーション作品。

幼い頃に己が持つ魔法の力で妹のアナを傷つけてしまったエルサは、以降、親の意向もあり魔法のことを誰にも知られないように部屋に閉じこもるようになってしまう。月日が経ち、両親が亡くなると、王位継承のための戴冠式のために部屋から出るエルサだったが、子どもの頃以上に複雑化する周囲の環境は彼女を悩ませ、成長するに従って強くなる魔法の力の制御はふとしたことで起こる感情の乱れで簡単に暴発してしまうほど難しくなっていた。

というストーリーで、戴冠式の場でお互い一目惚れした王子様との結婚に対して頑なに反対の姿勢を崩さなかった姉のエルサが魔法の力で周囲を怯えさせたことで城から逃げ出してしまうが、それを姉妹愛としてアナが追いかける旅に出る。城から飛び出して様々なものが見えてくるアナ。一見すると陳腐なファンタジー映画として構成されているのだが、権力欲だけでアナに近づいていた王子様の本性が急に現れるところなどは従来のお姫様願望を抱く女の子のための物語に対して痛烈な批判を加えているようでなかなかショッキングであったし、それがアナとエルサの姉妹愛を強固なものとして映えさせていた部分についても同性愛の肯定のようにも解釈でき、様々なメッセージが散りばめられた厚みを感じさせる作品になっていた。

個人的には、姉妹愛を強調するために悪役としての男性をキャスティングすることで、却って物語を潔癖にして取っ付きにくさを感じさせたものの、エルサが当初から王子様の本性を見抜いていたのか、また王子様が金と地位目当てにアナに近づいたとしてそれが悪いことなのかは考えさせられ、趣深い。従来のファンタジーに存在する男と女の関係を意図的に置き換えられているが、真実の愛や対照的で平等な関係というものがどういったものなのか作品から提案がなかったのは残念ではある。同性愛や昔のような近親相姦などがもしかしたらそれらを解決する一つの案なのかもしれないが。
                 

コメント

        

        
> > アナと雪の女王 (映画)