おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (ドラマ)
瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着する。桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた。ある日次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だったが…

今川と手を切って松平と手を結ぶことを決めた直親だったが、今川の策略に引っかかってしまう。終いには絆を確認し合った政次にまで裏切られてしまい、絶対絶命のピンチを迎える。直親の最期の時をを迎え、次郎と直親はやはり好き合っていたことを確認したメロドラマ的な構成になっており、政次の裏切りがそれに呼応するかのように含みを持ちながら繋げられているのが面白い。

直親も可哀そうではあるとはいえ、次郎と同様に独り身を貫きながらどんなに次郎法師を想っていても次郎法師の方は直親のことしか見ていないことに対する政次の絶望感が如何に重いものであったか、今川に問い詰められてあっさり裏切ったシーンに良く表れていたように思う。あるいは、どうして次郎法師が政次という人間に振り向かなかったかということに対する回答としての彼の人間性に対する批判であったのかもしれないが。

その他、夫の元康が飛躍を遂げても、今川の出ということで疎まれて肩身が狭くなっていく瀬名の姿が描かれている。家であり配偶者の男性にそれこそ主人として自身の人生を委ねるしかない女性の生き方の悲哀が演出されていたものの、一方では対照的に独り身でいる次郎法師の生き方もありなのではないかと思わせ、視聴者に多様な生き方への肯定という励ましのメッセージが発せられているようであった。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (ドラマ)