おんな城主 直虎 第12回「おんな城主直虎」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第12回「おんな城主直虎」
今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親(三浦春馬)たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。しの(貫地谷しほり)は、こんな事態を引き起こしたのは次郎法師だと責めたてる。今川から嫡男・虎松の命も差し出すようにと命じられた井伊家。新野左馬助(苅谷俊介)は虎松の助命を願うため、駿府へ向かうが、引き換えに思いもよらぬことを仰せつかる。

直親、やっぱり死んでしまう。そして今川の手下となって帰ってきた政次には井伊家を渡せないとおとわは直虎を名乗り、城主になる。直親に対しては「どんな卑怯な手を使ってでも戻ってくるのじゃ」と言っておいて、政次が直親を裏切るという卑怯な手を使って戻ったらおとわは政次を恨むのだから、視聴者としては颯爽と登場して政次と睨み合う直虎が本当に人の上に立つ器なのか首を傾げてしまう。むしろ、直親に比べておとわに対しては誠実であったとすら云えるのにとことんそっぽを向かれた政次が愛憎相半ばするなかで直虎と対決する道を選ぶ気持ちのほうがよく分かる。

ただ、きっかけはどうであれ機会を逃さずに城主に納まってみせた直親の運と才気は松平元康の姿と重ねられているようでもあり、他者とは持っているものが違うということが示唆されていた。その持っているものがどう違うのかが視聴者にはいまひとつよくわからないのは残念なのだが。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第12回「おんな城主直虎」 (ドラマ)