贖罪 (小説 湊かなえ)

                 
贖罪 (小説 湊かなえ) 贖罪 (双葉文庫)
15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った──あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

同級生が殺害された事件をきっかけにその後の人生の歯車が狂ってしまう4人の少女たちと被害者の母親の様がそれぞれの人物の告白という形によって綴られている。少女たちが被害者の母親から犯人を見つけるか償いをしろと責められたことで過剰に思い悩み、幸せになることを拒絶していくシーンは印象的だった。多感な少女や殺人事件を用いて象徴的でセンセーショナルに描かれているが、人は様々なことに影響を受けるし、また与えることが出来てしまうということを考えさせられる構成である。

閉鎖的な田舎町に引っ越してきてうまくやっていけずにいた母親の側の背景やドラマも描写されており、犯人の人物が母親の側の人生に深く関わっている存在であったことが明かされる結末は、母子の関係や家族、そして男女の性といったものに対して田舎町の閉鎖性と重ねることで皮肉られており、同時に罪の意識とそれを植え付ける道徳というものへの嘆きでもあるようだった。ただ、それぞれの登場人物の姿とドラマはややステレオタイプで陳腐なきらいがあり、それほどの斬新さや不気味さを感じなかったのは残念。
                 

コメント

        

        
> > 贖罪 (小説 湊かなえ)