南鎌倉高校女子自転車部 第12話 道はまだつづいている (アニメ)

                 
南鎌倉高校女子自転車部 第12話 道はまだつづいている (アニメ)
校長の「龍子」に部活動としての三浦半島でのツーリング報告書を提出し、正式な部として認めてもらおうと迫るみんな。だが、報告書を見た「龍子」からは「まだ認められない」と言われ、何が足りないか考える「ひろみ」達。そんな中、「四季」先生から「サンディ」がアメリカに帰ると聞いてしまい……。

南鎌倉高校最終回。部として認めてもらおうと報告書を出すが校長に何かが足りないとされ、認めてもらえない。その何かというのが自転車に乗ることの楽しさだったというオチになっており、そういうのは他人、とりわけ権威の象徴としての校長先生という大人の存在に認めてもらわないとならないものなのかと首を傾げてしまったが、ツーリングにドラマがあるわけではなかったので話を盛り上げるために悪役が必要だったということなのかもしれない。云われてみると、確かに校長先生と同じく視聴者にも自転車の楽しさが伝わりにくかったので「もっと頑張って」とエールを送りたくなる活動の内容ではあった。
                 

コメント

        

        
> > 南鎌倉高校女子自転車部 第12話 道はまだつづいている (アニメ)