おんな城主 直虎 第14回「徳政令の行方」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第14回「徳政令の行方」 (ドラマ)
直虎(柴咲コウ)が徳政令の約束を破ったことに腹を立てた甚兵衛(山本學)ら百姓たちは、蜂前神社の禰宜(ダンカン)を通して、今川に徳政令の発布を直訴する。直虎の政策に家臣たちが異を唱える中、政次は徳政令の発布を命じる今川の書状を読み上げるが、直虎は驚くべき策でこれをはねのける。徳政令を無効にされた甚兵衛たちは、ついに最終手段に打って出る。

今川に徳政令を直訴した百姓たちはそれを妨害した直虎に反発し、逃散というボイコットの手段に出る。裏で手を引いているのが小野政次であることが明らかではあるものの、ここまで人心が離れては致し方ないと断腸の思いで今川に従うことを決める直虎だったが、そこにまさかの亀が登場し、直虎の前に立ちはだかると直虎は考えを改め、誰もいなくなった村で自ら農作業を行うところを見せつけて、百姓達の心を掴むことに成功する。

勿論、見せつけようと思って農作業をしたわけではないのだろうが、結果としてそうなっていたし、むしろ最初から計算をある程度していたという方が却って嫌らしさと茶番っぽさが薄れて良くなったのではないかと思うし、亀のシーンに於いても、どんな卑怯な手を使ってでもやり遂げてみせ、為政者としての地位も守ったとした方が直親との別れの場面に重なったのではないだろうか。

一方の鶴、敵対している風であっても政次は相変わらず直虎に想いを寄せているのに対して、でも直虎の方はベタに政次のことを嫌悪しているのがますます強調されて伝わり、政次としては無視されるよりは少なくとも自分のことを見てくれる直虎の敵である、獅子身中の虫という道をあえて選ぶ複雑な心情は分からないでもない。天真爛漫な直虎は柴咲コウの凛々しさと幼さが同居した魅惑的な表情と相俟って可愛らしさはあるものの、人間としての奥行きや深み、妙というものは政次の方に感じてしまい、自分が家臣だったらどちらについていきたいだろうかと考えさせられた。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第14回「徳政令の行方」 (ドラマ)