おんな城主 直虎 第15回「おんな城主対おんな大名」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第15回「おんな城主対おんな大名」 (ドラマ)
直虎(柴咲コウ)が今川の下知に背いて徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼(浅丘ルリ子)は、政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きにくるよう命じる。以前同じように駿府へ呼び出され、道中で惨殺された直親(三浦春馬)の記憶がよみがえる家臣一同。政次は直虎に虎松(寺田心)の後見を降りるよう勧めるが、直虎はそれを拒み駿府へ向かうことを決意する。

今川への道中、命を狙われ続けていくうちにとうとう心が折れてしまい、女がトップに立つことの限界を感じて政次に後見を譲ることを決めた直虎だったが、結局は寿桂尼に謁見をして自分が後見であることを認めさせる。窮地に陥る度に強引に都合の良い展開へと持っていき、相変わらず茶番ぽさが気になるものの、寿桂尼が直虎という人物を公平無私の視点で人の上に立つほどの人物であると評価してみせるシーンは同じ女だからこそ可能であり、説得力が存在していたともいえ、なかなか良かったと思う。視聴者には直虎が本当にそれだけの器であるのかというのが、やはりいまいちピンと来ない点は惜しいのだけれども。

寿桂尼との謁見を果たすため直虎は男に扮装する必要があったという話の持っていきかたも示唆的で面白い。また、政次の非情に徹しきれずに直虎や井伊家への想いに囚われる様も人間味が溢れていた。ただ、この甘さが政次を上に立たせることを許さないのであろう。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第15回「おんな城主対おんな大名」 (ドラマ)