ソードアート・オンラインⅡ #17 エクスキャリバー (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #17 エクスキャリバー (アニメ)
キリトたちはダンジョン最下層で待ち構えるボス・スリュムと対決。しかし、スリュムのHPをなかなか削りきれず、逆に冷気による攻撃を受けピンチに。そのとき、仲間に加えたフレイヤが声を上げ、スリュムを倒すには奪われた一族の秘宝・黄金の金槌が必要だと、キリトたちに告げる。キリトは雷系のソードスキルを使い、隠された金槌を発見。フレイヤに投げ渡すが……。

NPCの巨人同士が闘うというシュールな映像とキリトが何とか引っこ抜いたエクスカリバーを俺にはまだ重いといって元に戻したのを何故かシノンが持ち帰ってキリトに渡し、公の場で好意を示すという不可解なやりとりなどは行間が全く存在しないわけではないけれども、説明が足りないからか、世界観にのめり込む事ができず、退屈に感じる。

ファンサービス的なオールキャストのエピソードは却って一人一人のキャラの存在感や魅力といったものを薄めてしまっており、特にヒロインのアスナは多人数の中ですっかり埋もれてしまっていたが、そういうところがまたアスナの魅力の一つであるのかもしれないけとは思った。アスナのあの、自分をアピールするポイントや主張するタイミングをよく踏まえた、あざとさのようなものすら感じさせる淑やかさよ。
                 

コメント

        

        
> > ソードアート・オンラインⅡ #17 エクスキャリバー (アニメ)