おんな城主 直虎 第19回「罪と罰」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第19回「罪と罰」 (ドラマ)
近隣の領主である近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)のもとを訪れ、領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴え出る。直虎は疑いを晴らすため、盗伐のあった現場に向かう。荒らされた現場を検証していく直虎たちは、近藤領内だけでなく井伊領内の木々も盗まれてしまっていることに気づく。見張りをつけて山狩りをする直虎はついに犯人を捕らえる。しかしそれは以前、直虎に人集めの知恵を授けた旅の男(柳楽優弥)だった。

知り合いが盗人として捕まったのを何とかして助けようと直虎だったが、領主としてきちんと罰するよう諌言を受けることとなる。直虎の甘さとそれを肯定するかのような都合の良さが目立つ茶番劇は相変わらず気になるものの、このことが伏線となって、後に政次を処罰するシーンへと繋がるのだろう。

しかし、まだ先の展開は分からないとはいえ、素性の知らない男の命は助けておいて、自分のことを誰よりも想ってくれている政次の命については冷徹な判断のもとで奪うことになるかもしれないのだから、このドラマの主人公の魅力を理解するのは僕にとってかなりのハードルの高さである。政次からしてみれば、他の人とは直虎の対応が違うというだけでたまらないと考えているのかもれず、そうであるなら政次もなかなかいい性癖をしているものだが。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第19回「罪と罰」 (ドラマ)