おんな城主 直虎 第21回「ぬしの名は」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第21回「ぬしの名は」 (ドラマ)
井伊領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖岸の町・気賀(きが)を選んだ直虎(柴咲コウ)。気賀の商人・中村与太夫(本田博太郎)との商談を終え市場に立ち寄った直虎は、店先に並ぶ異国の珍品に目を見張るが、その隙に銭入れを盗まれてしまう。その犯人を町はずれまで追いつめる直虎だったが、逆に捕らわれの身となってしまう。地下牢に閉じ込められた直虎のもとに現れたのは盗賊団のかしら(柳楽優弥)とその一味だった。

金を盗まれ、犯人を追いかけたら捕まってしまう直虎。自分だけの金じゃなく井伊の民の金であるからそこまでするという直虎の姿勢をちゃっかりアピールしつつも、領主としての自覚のなさも露呈し、挙句には義賊を自負する盗賊団のイケメンのお頭と恋の予感という少女漫画みたいな展開に突入しそうというのだから、もうどうしようもないというか、見ていてこんなのを領主として支えていかなければならない周りの男達に同情してしまう。直虎に好意を寄せる役回りを押し付けられている中野と政次については特に。

とはいえ、男と女が逆の立場なら側室に迎える展開に違和感がないと考えれば、制作側が仕掛けたリトマス紙のようなものになっている可能性もあるが。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第21回「ぬしの名は」 (ドラマ)