エロマンガ先生 #7「妹と世界で一番面白い小説」」 (アニメ)

                 
エロマンガ先生 #7「妹と世界で一番面白い小説」」 (アニメ)
新作の出版を急く正宗は、担当編集者・神楽坂から提示された小説コンペ「ラノベ天下一武闘会」への参加を即決する。しかしそこに居合わせた大人気作家・千寿ムラマサが同じくコンペ参加を申し出、正宗の前に立ちはだかる。正宗たちの夢を「つまらない夢」と呼び、妨げる彼女に、賭けを持ちかける正宗。エルフの助力を受けつつ、改稿作業に取り組む正宗の元を訪れた意外な人物、それは千寿ムラマサその人だった――。

主人公の宿敵として現れた山田エルフ以上の売れっ子作家である千寿ムラマサが山田エルフ以上に主人公へ恋をしていたというハーレム展開を経ながら、結果的にヤキモチを焼く妹との距離が近づくお約束。登場時のクールさはどこへやら、主人公を気を引くために制服を来て訪ねてくるなど、もしかして紗霧よりもムラマサの方が可愛いんじゃないかと思わせることが出来ているのはラブコメとして成功なのだろう。
                 

コメント

        

        
> > エロマンガ先生 #7「妹と世界で一番面白い小説」」 (アニメ)