おんな城主 直虎 第22回「虎と龍」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第22回「虎と龍」 (ドラマ)
直虎(柴咲コウ)は材木の商いを始めるため、龍雲丸(柳楽優弥)率いる気賀の一団を井伊谷に受け入れることを決める。家臣の直之(矢本悠馬)は龍雲丸がかつて井伊領内の木を盗んだり、直虎をさらって身代金を要求したことを指摘し猛反対するが、直虎は井伊家の将来のために彼らの専門技術が必要だと主張する。しかし数日後、直虎の期待は裏切られる。

義賊を自負する山賊団を自分たちの配下に加えることを決めるが、早速ならず者たちによるトラブルが次々に起こり、直虎の頭を悩ませる。結局、山賊団はそれほど悪くなく、実は村人の勘違いと偏見が引き起こしたトラブルだったというやや強引なオチで締めているわけだが、示唆的だったのはその流れよりも直虎が頭の龍雲丸に振れた時に自分の中の女性を意識してしまい、煩悩に支配されそうになるところで、山賊団が村に持ち込んだ賭博を直虎が禁止した時に「禁止しても闇にこもるだけ」という盗山団側の言い分が、風刺であると同時に、直虎の姿を通して女性の性の有り様にも掛かっているところだろうか。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第22回「虎と龍」 (ドラマ)