エロマンガ先生 #8「夢見る紗霧と夏花火」」 (アニメ)

                 
エロマンガ先生 #8「夢見る紗霧と夏花火」」 (アニメ)
「好きな人がいるんだ」 正宗がそう言ってムラマサの告白を断ったと聞き、喜ぶ紗霧。だが不器用な二人の距離は簡単には詰まらない。そんな中、新作の文庫化に向け、泊まり込みの仕事に出掛けて行く正宗と家で一人留守番をすることになる紗霧。二人それぞれに気掛かりなのは、お互いのことと浴衣姿、準備が進む花火大会のこと――。

いつにもまして妹と主人公がひたすらイチャイチャする。そうかと思えば、以前は妹の方が主人公と距離を置く素振りをみせたのに、今回は主人公の方が恋人ではなく妹が欲しいんだと紗霧に家族であることを要求するというエピソードになっている。家族になろうというのが、実は最上のプロポーズになっているということなのかもしれないし、もしくは今の二人には性愛へ依存させるよりも家族的絆によるケアが重要であるということなのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > エロマンガ先生 #8「夢見る紗霧と夏花火」」 (アニメ)