おんな城主 直虎 第23回「盗賊は二度 仏を盗む」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第23回「盗賊は二度 仏を盗む」 (ドラマ)
龍雲丸(柳楽優弥)たちとの宴(うたげ)の翌朝、直虎(柴咲コウ)のもとに政次(高橋一生)と近藤康用(橋本じゅん)がやって来る。近藤の菩提寺から本尊が盗まれたというのだ。龍雲丸たちを犯人と疑う近藤は、直虎に身柄を引き渡すよう要求する。直虎は直之(矢本悠馬)に命じ、龍雲丸たちを逃がそうと画策する。一方、南渓(小林薫)はこの件について近藤と手打ちをするため、代わりの本尊を寄進しようと直虎に持ちかけるが…

直虎が龍雲丸への想いを強く意識し、私の感情と井伊家領主としての立場に板挟みになるような形で苦しむものの、それでも周囲の家臣に龍雲丸達のことを認めてもらえたので晴れて自分の正式な配下にならないかとプロポーズするところまで漕ぎ着ける。ところが、龍雲丸にはあっさりと断られてしまう。この過程を含め、全体的になかなかとんちの効いたエピソードになっているし、直虎が男だったらこんなにも悩まないだろうということで周囲からの女性の性のありように対する厳しい視線を今回も意識させてくれるのだが、一方では大河ドラマとしてこんな話を延々と繰り返していていいものなのかという気も。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第23回「盗賊は二度 仏を盗む」 (ドラマ)