おんな城主 直虎 第24回「さよならだけが人生か?」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第24回「さよならだけが人生か?」 (ドラマ)
直虎(柴咲コウ)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥)。一方駿府では、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめていた。直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凛)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が下る。一方、岡崎では緊張の面持ちの松平家康(阿部サダヲ)が織田信長(市川海老蔵)と面会していた。

織田信長登場。無理やり魔王っぽい威圧感を演出しているのが滑っていて、B級ドラマ感に拍車をかけている。折角の織田信長なのにこんな演技をさせられる市川海老蔵が可哀そう。ああ、可哀そう。しかし、メタ的に同情を誘うことを狙っているのなら見事と云えなくもないか。

今回気になったのはたけとの別れにおける顛末で、老いて役に立てなくなったたけと直虎のやりとりを経た感動敵な別れからすぐ後に、たけの妹と名乗るたけとよく似た人物が直虎のもとへ仕えてきて直虎はそれを嬉しそうに微笑みながら受け入れるが、これはどういうことなのだろう。たけとよく似ていても、別の人間であるのなら、それは少なくとも「おとわ」を知っているたけではないはずで、それほど素直に喜べないはずなのだが、たけの気持ちを汲んだのだろうか。あるいは、たけとは別の人物を名乗ってはいるが、体の調子が良くなったのでたけが戻ってきたという話でもありそうだ。

前者であるとすれば、作品としてはもう直虎はおとわではないということを改めて示している面もあるのだろう。
                 

コメント

        

        
> > おんな城主 直虎 第24回「さよならだけが人生か?」 (ドラマ)