ソードアート・オンラインⅡ #19 絶剣 (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #19 絶剣 (アニメ)
“《絶剣》”の通り名で呼ばれる凄腕プレイヤーの噂を聞き、勝負を挑むことにしたアスナ。《絶剣》は超攻撃回数を誇る自身のオリジナル・ソードスキルを賭けて対戦相手を募り、挑戦者全員を返り討ちにしていた。だが《ALO》からログアウトし、現実世界へ戻った明日奈は、母・京子から、進学校への編入試験を受けるよう言い渡される。進路を押しつけ、さらには結婚相手すらも勝手に決めようとする母に彼女は反発するのだが……。

絶剣、やはり女の子だった。アスナが押されるほどの腕前は相手が女の子だからキリトはわざと負けただけではなく、本当にすごい実力の持ち主であることが主張されていた。でも、キリトはわざと負けたんでしょ。もうこのアニメしょうもねえなあ。アスナの母親として、クールな教育ママを演じるのは林原めぐみ。持論を展開するばかりで、娘の進路を勝手に決めたり正論を押し付けるのはどうかと思うものの、林原めぐみの抑揚のない演技はヒール感を強くしていて見事だった。キリトを娘のパートナーとして認めないというアスナママの考えにはキリト君をよく知る視聴者として頷いてしまう。
                 

コメント

        

        
> > ソードアート・オンラインⅡ #19 絶剣 (アニメ)