ソードアート・オンラインⅡ #20 スリーピング・ナイツ (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #20 スリーピング・ナイツ (アニメ)
アスナは、ユウキがリーダーを務めるギルド《スリーピング・ナイツ》への協力を頼まれる。《スリーピング・ナイツ》は、メンバー同士の事情で近く解散することを決めており、解散前の思い出作りとして、自分たちのパーティーだけでのボス攻略に挑んでいた。しかし、通常は複数パーティー合同の49人で挑むボス敵を、《スリーピング・ナイツ》+アスナの7人のみで倒すのは極めて困難。勝算の薄さから、返事をためらうアスナだが……。

絶剣ことユウキが女の子であるのはお約束ではあるものの、彼女との交流をアスナの視点を通したキリト抜きの物語として描いているところは珍しさがあり、エクスキャリバーの時と同様に、新たな機軸を生み出そうと模索しているようであった。ただ、悲しいことにキリトがヒロインとイチャイチャしていたラブコメ仕立ての冒険に比べて面白みや盛り上がりがあったかといえば、そうでもない。祇園精舎の鐘の声が聞こえてくるようである。
                 

コメント

        

        
> > ソードアート・オンラインⅡ #20 スリーピング・ナイツ (アニメ)