進撃の巨人 Season2 第33話 追う者 (アニメ)

                 
進撃の巨人 Season2 第33話 追う者 (アニメ)
エレン巨人は鎧の巨人をあと一歩のところまで追いつめたが、超大型巨人の頭部が落下してきたことにより形勢は逆転し、エレンは鎧の巨人に連れ去られてしまう。さらに、超大型巨人の発生させた熱と風圧が、その場にいた兵士たちに甚大なダメージを与える。倒れたミカサが目を覚ましたときには、既にエレンの敗北から5時間が経過していた。エレンを想って、涙するミカサ。そんなミカサやアルミンを、ハンネスは勇気づけるのだった。

二体の巨人の前に敗北を喫し、連れ去られてしまうエレン。その後、ハンネスと共にミカサやアルミンが昔のことを回想して感慨に耽っていたが、その過程で視聴者的にもそういえばハンネスの声は藤原啓治だったと思い出し、今の声に違和感を覚える皮肉な結果に繋がっていた。それぐらいしか楽しみが見つけられないというところもそうではあるが、ネタバレになるもののもうすぐ最期の時を迎えるハンネスのその時の声が藤原啓治じゃないなんて、致し方ないとはいえ、ハンネスの存在と共に少し口惜しい。
                 

コメント

        

        
> > 進撃の巨人 Season2 第33話 追う者 (アニメ)