はま寿司でランチ

                 
IMG_0481_20170803205641b87.jpg

回転寿司が暑気払いになるのかどうかは分かりませんが、ひんやりしたものが食べたくて平日は1皿90円のはま寿司に入りました。

IMG_0472.jpg

はまち。はま寿司は全く寿司が回ってなかったとびっ子と違い、一つのレーンで通常のものも注文したものも一緒になって回っており、とりあえず回っていたはまちを取ったんですが、今時の回転寿司ですから時間管理がきちんとなされているのだろうとはいえ、それでもネタとシャリに時間経過で乾いてへたったような劣化が若干あったように思いました。

IMG_0473_20170803205644886.jpg

基本のまぐろ。

IMG_0474.jpg

フェアメニューの宮崎紅鮭だったかな。いくらがちょっぴり載った贅沢仕様。100円の範囲内で非常に凝ったものを感じたものの、通常のサーモンにあるなんちゃってトロっぽさがあまりない赤身仕様なので、そのへんは好みが分かれそうです。

IMG_0475.jpg

えんがわ。薄いと云えば、薄いのだけれど、とびっ子ほどではありませんでした。とびっ子に全然客が入らず、はま寿司が繁盛する理由がこの一皿に象徴されているような感じ。

IMG_0476.jpg

かれい。

IMG_0477_20170803205700db1.jpg

一皿150円で一貫仕様のうに。コピーなのだろうけど、コピーっぽさがあまりありませんでした。、

IMG_0478_201708032057021e1.jpg

つぶ貝。

IMG_0479.jpg

えび。

IMG_0480_201708032057054fe.jpg

漬け真いか耳。いかのこりこりを尖らせたような食感。自分は通常のイカの方が好みでした。


全体的にとびっ子のほうが自分の席に一皿一皿新幹線が停車して届けてくれるのでわかりやすさがありますが、ネタの質なら間違いなくはま寿司の方が上でしょう。はま寿司はチャイムとアナウンスがあちこちで鳴っているのが店内の騒々しさに拍車をかけているのと、人によっては注文したら取り逃がさないように緊張感から解放されないシステムになっているのが少し気になるところでしょうか。
                 

コメント

        

        
> > はま寿司でランチ