逆転裁判 (映画)

                 
逆転裁判 [DVD]逆転裁判 [DVD]
売上本数430万本の大ヒットゲームシリーズ映画化!
映画は、名作ゲームの呼び声高いシリーズ1作目のキャラクターやストーリー展開の面白さをベースに構築。「逆転裁判」の面白さは、犯罪増加でスピード結審が優先させる「序審裁判」が導入されている近未来の日本を舞台に、熱血漢の新米弁護士・成(なる)歩堂(ほどう)龍一(りゅういち)が依頼人の真実を勝ち取る為、自ら捜査して集めた「証拠」を突き付け、嘘を暴いて真犯人を見つけ出す痛快さとそのスピーディなストーリー展開にあります。

(引用 amazon 逆転裁判 [DVD]

2012年の日本映画。
同名の人気ゲームシリーズを実写映画化したもの。

ストーリーはゲームシリーズの一番初めの作品『逆転裁判』に収録されている各エピソードの要点を網羅したものになっている。
逆転裁判は独立した複数のエピソードが、話が進められると、それらが全て繋がりを見せていき、一つの大きな真実、偉大な逆転に辿り着くようなギミックになっているのが魅力だから、ストーリーをなるべくゲームに忠実に合わせて作ろうとしているのは良かったと思う。

しかし、映画版では尺の都合か、どうしても一つ一つのエピソードにボリュームと描き込みが足らず、作品そのものはあっさりした感じになってしまっているのが否めない。駆け足で話が展開していくので、ゲームをプレイしたことのない人にとっては説明不足でわかりづらい作品でもあった。

それでも、逆転裁判のシリアスとコミカル、そしてロジックとオカルトを使い分けたゲームのノリをなるべく忠実に再現しようとしているし、各登場人物のビジュアルも、現実にはかなり奇抜なものであっても、そのまま実写で表現しているのは面白かった。マヨイちゃんはちょっとケバすぎじゃないかと思ったけど……。

作中のほとんどを法廷バトルのシーンが占めるが、ゲームであった、現場や証拠品の再現という便利な要素を映画版ではハイテクのバーチャルリアリティという設定を用いて、傍聴席にいる人間にもわかりやすく伝えようとひと手間かけており、そういうあちらこちらに見られる工夫が、世界観に入っていきやすいものにしてくれていたとも感じた。
                 

コメント

        

        
> > 逆転裁判 (映画)