ベン・トー 第2話「サバの味噌煮弁当 674kcal」 (アニメ)

                 

佐藤と白粉は槍水が会長を務めるHP(ハーフプライサー同好会)に入部することになった。
まずは槍水に半額弁当の戦いにおけるルールや各スーパーの場所、そして半額になる時刻の目安を教わる。
そして早速二人はスーパーへ向かうが、中々半額弁当を手に入れることができない。
そんな中「スーパーときわ」で戦いを挑もうとしたとき「大猪」と呼ばれる者が現れた。。

「氷結の魔女」の二つ名を持つ槍水に胸を押し付けられる格好になってデレデレになりながら、成り行きでハーフプライサー同好会に入部することになった主人公。氷結の魔女という呼び名から連想するクールなイメージの槍水が垣間見せたお茶目な一面が映えたシーンでもあった。

本格的にハーフプライサーとして活動を始める主人公(と視聴者)に、狼になるためのルールが説明される。それは、半額神(店員)が半額シールを貼って売り場から姿を消すまで弁当に駆け寄ってはいけない、その夜に自分が食べる分以外は取ってはいけない、礼儀を持ちて誇りを懸けよ、というものであった。

また、狼が誇りと弁当を懸けて戦うハーフプライサーなのに対し、犬が狼になれない初心者であり半人前、豚がルール無用の恥知らず、アラシが豚の集団、大猪が主婦であることも説明がなされる。アラシに体育会系運動部の集団を採用して、彼らと狼達とを戦わせる設定がサブカルとしてうまく使えていて面白い。

食べるためにという理由よりも、誇りのために、あるいは食欲を超えた自己満足のために戦いに走ってるところが目につく。だが、弁当を取れない者達が列を作ってどん兵衛にお湯を入れ、侘しくどん兵衛を啜るシーンもあり、ハーフプライサーにとって一番の食事は半額弁当なのであり、敗者は半額弁当より高級なものを食べることは許されないというような演出がなされていて、その徹底した作りに、食べ物を絡めてただ遊んでいるわけじゃないという本気さが伝わってくるのがいい。

なお、今回の話には日清のどん兵衛(きつねうどん)が登場。主人公と主人公と一緒にいる女の子(白粉)が美味しそうに食べていました。これも劇中内広告でしょうか。前回のソイジョイよりは自然に話の中に溶け込んでいてよかったと思います。
                 

コメント

        

        
> > ベン・トー 第2話「サバの味噌煮弁当 674kcal」 (アニメ)