名探偵コナン 14番目の標的 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]
謎の毒薬のせいで子供の姿になった高校生探偵・工藤新一が“江戸川コナン”の名を使い、数々の事件を解明していくTVアニメシリーズの劇場版第2弾。毛利小五郎の周囲の人間が次々に襲われ、事件のキーワードとしてトランプが残されるが…。

(引用 amazon 劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]

1998年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第2作。

まだ刑事だった頃の毛利小五郎に纏わる因縁から小五郎の周囲の人間が危険に晒されていく。
個人の名前の中に存在する数字をトランプの数字になぞらえて、降順に対象となった人物が被害に遭うという犯人の仕掛けにコナン達が翻弄されながらストーリーが進行していくわけだが、随分と犯行の手間をかけた割には動機と経緯への作品そのものからの追及が弱く、奥行きに物足りなさを感じる出来だったのが残念だった。

工作の規模は大きいものの、迫力に欠けており、その分、コナンと犯人とのやり取りが落ち着いたわかりやすい空気の中で行われているので、全体的にテレビアニメ版の構成をそのまま映画用に持ってきて、少し豪華に演出してみせたといった印象だが、そういう意味では『名探偵コナン』らしい劇場版といえるベタなコナンのサスペンス作品だったと思う。

若いころの毛利小五郎と妻の妃英理の銃の発砲に関するエピソードを伏線として、ラストのコナン(新一)と毛利蘭にその姿とシーンをそのまま重ねることで回収するところは、映画らしいロマンスを甘くなり過ぎない独特の格好良さで演出できていて良かったと思う。締めが良かっただけに、余計に肝心の「事件」に対してもう少しこだわりを見せて欲しかったと感じてしまう惜しい出来栄えだった。
                 

コメント

        

        
> > 名探偵コナン 14番目の標的 (映画)