大正野球娘。 第4話 「これから」 (アニメ)

                 
story_img04.jpg
全画面キャプチャ 20130411 215946
朝香中学との試合後、2日が過ぎても学校に来ない晶子。
心配になった小梅はお見舞いに出かけることに。だが行ってみると晶子は意外と元気だった。
だが、小笠原家の運転手の松阪は、晶子がおとといから食事もせず寝込んでいたという・・・。
一方、学院では尾張記子が退部したいと言い出したり、試合で痛恨のエラーをした鏡子も練習に姿を見せない。
なんとなく雲行きが怪しくなっている東邦星華桜花会だが・・・。
そんなとき、洋食屋・すず川に小梅を訪ねて、岩崎と高原がやってくる。

前回の練習試合で男子相手に大敗を喫した櫻花會は発起人の晶子が塞ぎこんでしまって学校に来ない。チームとしてもバラバラになりかけ、新聞部との掛け持ちに限界を感じて一人が抜けてしまうなど、櫻花會は存続の危機にさらされる。

そんな中、小梅は晶子の家を訪問し、必死の励ましをする。今度こそ男子に負けないように練習をしよう。奮起を促された晶子は、やる気を取り戻し、新生櫻花會が誕生する。
あくまで男子と対等に向き合い、平等な条件で戦って勝つことを目標にするスポ根路線に入ったのは驚いた。
ここまでは着想の素晴らしさを地に足をつけた無理の少ない展開の中で披露してきただけに、これ以上男と戦わせるのは無茶があるのではないかと思ったが、先の展開に自信があるのだろうか。
晶子が塞ぎこんだのは単純な敗戦のショック、そして女性としての劣等感と同時に、晶子が自分のせいでチームメイトに惨めな思いをさせてしまったことへの責任感と、裕福な家庭環境で育った自身が味わった挫折に耐えかねたというものだったが、そこからの小梅とのエピソードによる奮起の過程がもっと練習しようという単純なエールで済まされてしまった点に少し不安を覚えたし、不満でもあった。

そういえば、小梅の実家の洋食屋に晶子の許婚が訪れた時に交わされる小梅との会話の内容、それを聞けば小梅が野球をやっていることを察することが出来そうなものだったが、両親と店の人などは聴いてないのだろうか。良いタイミングで来客があり、そちらの応対で一時的に耳を傾ける状況が無理なことがわざとらしく演出されていたので、まだ両親共に小梅が野球をしていることは知らない、ということになっているのかもしれない。小梅自身に焦りが全く見られない点がよくわからなかった。観ている側だけがハラハラさせられる不思議なシーンだった。
ただ、ニアミスのシーンをわざと作ることで、今後のエピソードを盛り上げる一つのいいネタであることがわかりやすく示されたともいえ、また同時に、そのネタが近いうちに消化されることが示されたシーンだったといえるのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 大正野球娘。 第4話 「これから」 (アニメ)