大正野球娘。 第6話 「球は広野を飛び回る」 (アニメ)

                 
story_img06.jpg
全画面キャプチャ 20130417 205302
「実戦に勝る練習はありません」とアンナ先生に言われ、他校に練習試合を片っ端から申し込むものの、断られっぱなしの桜花会。
小梅は、野球をやる場所がなくて困っている小学生たちに、場所を提供する代わりに試合を申し込む。
ところが小学生にもぼろ負けしてしまい、問題山積み。
そこで乃枝が「川島流勝利の方程式」と称した善後策を披露する。
いろんな対策がある中で、晶子と小梅には「バッテリーは一心同体、真の夫婦の努力を」と言われ、
「新婚生活」を送るべく、晶子が鈴川家にやってくる。

基礎練習を積み重ねてきた櫻花會はとうとう実戦練習へと移る。しかし、アンナ先生が長崎の親戚の面倒を看るために一時的にチームを離れることになる。先生なしで櫻花會は練習相手を見つけることになるが、同年代の男子のチームにはまるで相手にしてもらえない。困り果てた櫻花會だったが、小梅がひょんなことから出会った小学生の男子たちを連れてくる。彼らと練習試合をするという小梅の提案に晶子は渋るが、プライドのために小学生を理由に断るのでは私達の申し込みを断った他の男子と変わらないという主張が通り、練習試合が始まることになる。

はじめは小学生だと馬鹿にしていた相手に大敗を喫してしまう櫻花會。衝撃的なシーンといえば、衝撃的なシーンではあるが、まともに野球を始めて間もない女子達の相手としてはこれでもまだ相手のほうが実力が上という設定は残酷ではあるがリアルといえばリアルなのかもしれないと思った。現実のサッカーでもなでしこジャパンが男子中学生の選抜チームに大敗なんてことがあるわけで、如何ともし難い生物学的な性差というものがあるのだろうが、それでも中学生ぐらいの年齢で小学生相手に試合をするなら女子に分があってもおかしくはないだろうと、櫻花會が負けた試合を分析して、勝つために野球の基本、チームプレーを学んでいくところがよく描けている。
足の早い胡蝶を左打者にしてボールを転がさせたり、ホームランを打ちたがる巴に長打を捨ててミートを心がけるように指示したり、櫻花會のブレーンといえる乃枝のマネジメントによってみるみるうちにチームが見違えたものに変化を遂げる過程は『もしドラ』的な面白さがあった。ただ、いくら勝つためとはいえ、自分を捨ててチームのために尽くすことを強制し続けるやり方にストレスと若干の反発も描かれていた。そこでまた話が次回以降盛り上がっていくのかもしれない。

夫婦のように心を通い合わせることが必要だとお互いがより歩みあった結果、素晴らしいバッテリーの関係に成長した小梅と晶子のエピソードから、小梅が本当に将来の夫婦になる相手が許婚として決められるところに繋がっているのも演出がうまかった。この部分も作品のテーマと絡んで重要になりそうなので、次回以降に期待したいと思わされた。

アンナ先生は1話の間に離れて、そして帰ってくるという東京と長崎の往復をやってのける。良いキャラクターなのですぐに戻ってきてくれて観ている方としてもほっとできたし、アンナ先生の移動によって駆け足で進む話の展開の中で経過している時間を意識させられ、彼女の視点を通して、女子三日会わざれば刮目して見よ、といった感じの驚きが改めて引き立てられている。

肝心の野球のシーンは動きが少なく、躍動感があまりない。そこに女子が一生懸命に取り組んだお粗末な野球のシーンが絶妙に投影されているという見方も出来て、この作品のあえて地に足をつけたところから出てくるシュールな光景とうまく重なっているのも面白いのだが、魅力的なキャラが揃っているだけに、もう少し野球シーンの動きの流れの中で色々な角度から試合を見ることが出来たら良いのにとも思った。
                 

コメント

        

        
> > 大正野球娘。 第6話 「球は広野を飛び回る」 (アニメ)