はたらく魔王さま! 第3話 魔王、新宿で後輩とデートする (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20130419 191145 全画面キャプチャ 20130419 191145-001
財布を落とし、断腸の思いで魔王城であるヴィラ・ローザ笹塚への一泊を願い出た勇者エミリアこと、遊佐恵美。
翌日、早々に引き上げて自宅に帰ると、テレビでは銃撃事件現場の様子を伝えていた。そこは、昨夜真奥と恵美が魔力エネルギー弾によって何者かに襲撃された場所であった。野次馬の中に真奥と芦屋が一瞬映っていたが、気にしないようにして自分の仕事場であるテレアポセンターに向かう恵美。
しかし彼女の職場に“勇者と魔王を知る者”からの電話が掛かってくる。

魔王がバイト先の同僚である女子高生の千穂とデートをする回。
千穂という存在を媒介にするようにして、魔王、アルシエル、エミリア以外にも異世界エンテ・イスラからやってきた存在が徐々に明らかになっていく。千穂ははっきりと魔王に好意を抱いているのだが、それに対してのキャラとしてのストーリー性(背景)がまるでないだけに、お約束のようなエミリアと魔王のドタバタラブコメ劇場の引き立て役ということが露骨に示されていたように感じた。
ただ、それではあまりに千穂というキャラクターの奥行きがなさすぎるので今後彼女に対して、大きな変化、例えば、魔王が勇者と心を通わせていく上で完全な人間と化していくのと対をなすように千穂が魔王化していくという展開があるのかもしれないと考えた。それぐらい、千穂というキャラの平凡さがわざとらしく映った。

また、魔王と千穂の関係をエミリアの目線で見つめていく過程で勇者と女の間で揺れ動く心境の些細な変化を丁寧に描こうとしているのだが、今回は今後そうなりますよというのがメッセージとして発せられただけで、それほど大きな盛り上がりはなかった。深く突っ込んだ描写がないままに勇者が情にほだされようとしているのが見え見えで、魔王と勇者の関係はもう先が見えたような感じだったのが残念ではある。そのネガティブな予感を裏切って欲しいと思う。

全体的に前回までと比べて描き込みが弱く、シリアスとギャグの勢いと観ている側への配慮の面で物足りなさを感じ、ちょっとがっかりさせられた回だった。次回以降、魔王と勇者、あるいは魔王とアルシエルの茶番以外のシーンで惹きつけられるものが提供されることに期待したい。
                 

コメント

        

        
> > はたらく魔王さま! 第3話 魔王、新宿で後輩とデートする (アニメ)