大正野球娘。 第8話 「麻布の星」 (アニメ)

                 
story_img08.jpg
全画面キャプチャ 20130421 230057
本日も小学生たちと練習試合をしている小梅たち。スコアブックのつけ方を学んだ乃枝は、苦労して身につけた魔球を使ってみないかと晶子に持ちかける。だが晶子はまだ魔球を思うように投げられず、この日も結局負け。
そんな試合の様子を伺う男がいた。
彼は吉村という国際キネマの社員で、製作中の映画の主演女優の代役に小梅を起用したいと言い出した。

小梅が映画の主演女優に抜擢されててんやわんやとなる回。小芝居に終始したという意味では、前回と同じテイストの構成になっているのだが、今回は映画という劇中劇の主役(ヒロイン)というポジションをテーマに、メタフィクションを利用して小梅の作中でのポジションが語られている。
エースの晶子と4番の巴とはタイプの違う、受け手としての小梅という存在が主役であるということの滑稽さが今回のエピソードの最後のオチと重ねられており、また許婚の三郎との演技練習では愛を語り合う男女の役をそのまま二人の将来の姿を投影したような格好で演出されていた。惜しいのは、突っ込みが弱い大人しい作品なので、これらのシーンがいまひとつ映えてこなかったことだ。もう少しほのめかすような伏線としての演出が欲しかったところである。
                 

コメント

        

        
> > 大正野球娘。 第8話 「麻布の星」 (アニメ)