サカつくDS  ワールドチャレンジ2010 (ゲーム DS)

                 
サカつくDS ワールドチャレンジ2010サカつくDS ワールドチャレンジ2010
タッチペンによる試合介入や、選手の収集に特化したシステムなどで好評を得ているDS用サッカーSLG『サカつく』の2010年度版。オリジナルクラブをエディットし、選手獲得、育成、経営、試合を行いながらまずはJ1制覇、最終的には欧州リーグを含めた世界最強クラブを目指す"サカつくモード"、各国代表を指揮して世界を舞台に戦う"インターナショナルモード"、サカつくモードで作成したクラブデータを使用して、強豪クラブと戦い高段位を目指す"チャレンジモード"、Wi-Fiコネクションで全国のプレイヤーと対戦したり、ワイヤレス通信で友だちと一緒に遊んだりできる"つうしんモード"などを搭載。ゲーム中には、前作以上に実名選手も数多く登場する。

(引用 amazon サカつくDS ワールドチャレンジ2010

前評判ボロボロだった岡田監督率いる日本代表がまさかの決勝トーナメント進出を果たした2010年の南アフリカワールドカップに合わせたサカつくDS。
舞台はJリーグ(日本)と世界三大リーグ(スペイン・イングランド・イタリア)。

DSのサカつくシリーズは従来のサカつくと少し違っていて、クラブ経営SLGにWCCFっぽいカード要素を織り交ぜたものになっている。

本作には選手の年齢の要素が撤廃されており、加齢による能力の衰えや強制引退などがない。
契約延長するアイテムを使用すればいつまでもお気に入りの選手を使用できるので、世代交代やお気に入りの選手の登場(転生)と寿命のタイミングに悩まずに済み、集めた選手カードから自分好みに選手を配置して好きなようにクラブの編成することができる手軽なドリームチーム構想がウリ。

その一方で、狙った選手を手に入れるのにはただ資金をつめばいいといったものではなく、ある程度のクラブの強さとスクラッチの試行回数と運が必要になっている。
また、年齢の要素がない代わりにシビアな育成要素が導入されており、優良なコーチを雇いそこから課せられるシビアなミッションを達成しなければ思ったように選手を育成できない。そのため、お気に入りの選手だからこそ潜在能力限界まで鍛えたいとなると、相当な労力を要することになる。やりこみ要素とはいえ、選手の旬(年齢)というものは存在しないが育成回数には限界があるので、思い通りにいってくれないとなかなかモヤっとするシステムではある。

DSの機能を活かした手軽でテンポの良い操作感は抜群で、選手カードのコンプリート、選手カードの育成などやりこみ要素満載の本作と相性が良い。良く考えられているなと思った。
育成やコンディションなどの都合上、リーグ戦とカップ戦でメンバーをガラっと変更させて戦う戦法が効果的なのも面白かった。従来のサカつくシリーズだと選手枠が厳しくてそういった構想を練ること自体無理だった。一方で、デッキ登録しておけるとはいえ、2チームを管理するのはやはり若干手間でゲームのテンポを落とす。
試合介入がインタラクティブなのも良いが、試合画面がシンプル過ぎて自分の采配の影響が少しわかりにくいところも。

他、従来のサカつくと比べて自分的に気になるところをあげると、ポリシーが存在するが、ポリシーだけは育成でもどうにもならないという、ドリームチーム作成のモチベーションを大きく下げさせてしまうような壁が存在する点。
選手の獲得と育成に焦点を合わせすぎていて、選手とのコミュニケーション要素など趣のあるムダ要素が削ぎ落とされている。奥行きはあるが、幅がなく、クラブ運営をしている感覚と醍醐味が弱く、単調でのっぺりした感触がある。

などなど個人的には不満点もあるが、スタンダードなサカつくシリーズに比べると異色という感じに仕上げられているDSサカつくシリーズ、その異色ぶりが新鮮で楽しかった。

sakatukuds20101.jpg sakatukuds20102.jpg
                 

コメント

        

        
> > サカつくDS  ワールドチャレンジ2010 (ゲーム DS)