大正野球娘。 第9話 「誤解の多い料理店」 (アニメ)

                 
story_img09.jpg
全画面キャプチャ 20130422 225324
小学生との練習試合を重ね、自分たちの弱点を徐々に克服し、上達してきた桜花会メンバー。ついに、太郎たち小学生から1勝をもぎ取ることができた。それを見てアンナは朝香中学に正式に試合を申し込むことに。一方、両親に野球をやっていることを告げられないでいる小梅は、あることがきっかけで父・洋一郎と大ゲンカになり大騒動。
そんな中、朝香中学から試合を拒否する手紙が届く。晶子は激怒して岩崎に電話をするのだが・・・。

とうとう小梅が野球をしていることが両親にばれてしまう! と思いきや、わざとらしいすれ違いを連続させて小梅と三郎の関係を進展させるのが中心の内容になっていた。
結局、両親には野球をしていることがばれたのかばれなかったのか、ばれなかったとして最後まで隠し通すのか、それともまた両親に野球をやっていることがばれるとかで一悶着描かれるのか、個人的には少し引っ張りすぎだと思ったし、今回の話は冗長で一話を丸々つかうほどの意味があったかどうかという点で疑問に思った。残りの話数も少なくなってきた中で、もっと他に描きこむべきところ、描写できるところはあったのではないだろうか。あるいは、折角登場人物が多いのだから、もっと様々な角度から見た上での厚みのある物語が欲しいと感じた。
                 

コメント

        

        
> > 大正野球娘。 第9話 「誤解の多い料理店」 (アニメ)