はたらく魔王さま! 第4話 勇者、心の温かさに触れる (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20130426 234155 全画面キャプチャ 20130426 234155-001
同じ職場の女子高生・千穂から相談を持ちかけられ、一緒にお茶をすることになった真奥。そしてそれを尾行する芦屋と恵美。
だが地響きと共に突如大きな地震が起き、真奥と千穂、恵美の3人は瓦礫の下に閉じ込められてしまう。その時、なぜだか分からないが、魔力が少しだけ戻り、真奥は元の姿に戻りつつあった。恵美が千穂を眠らせ、魔王であるということを知られぬまま、瓦礫から脱出できた3人は、それぞれ無事帰路につく。
しかし彼らを狙う怪しげな影はそこまで迫っていた。

勇者エミリアが如何にして勇者になったのか、その生い立ちが明かされる。
ここまで話の流れからすると、絶対正義と絶対悪に立ち向かう中庸な立場としての魔王と勇者の凸凹コンビとなりそうなので、エミリアの父親が殺されたという回想は、魔王以外の魔王サイドの存在と戦うことと同時に、勇者以外の勇者サイドの存在とも戦うことになるだろうということが示唆されており、エミリアが信じる正義には裏があり、エミリアを勇者として利用するために司祭達が一計を案じたのではないかと思わせるようなきな臭さが伏線として敷かれていると感じた。実際はどうなるかわからないが、演出として思わせぶりに描写するのには成功していたと思う。

今回の題は、「勇者、人の温かさに触れる」。これはエミリアの日本での友人と魔王のことを指しており、同時に、魔王が温かさに触れているということも含んだものになっている。
異邦人としてだけではなく、世界を恐怖に陥れようとした者と世界を恐怖から救おうとした者という両極端なポジションも実は同じであると重なるように表現しようとする試みが面白いのだが、魔王よりも如何にも悪といったゲスな敵役の登場で魔王が強制的に中庸のポジションに追いやられる力技のオチで伏線を回収しているところの流れは少々雑か。
                 

コメント

        

        
> > はたらく魔王さま! 第4話 勇者、心の温かさに触れる (アニメ)