名探偵コナン 世紀末の魔術師 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師 [DVD]劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師 [DVD]
青山剛昌原作、小学生になってしまった探偵が難事件を解明していく人気アニメシリーズの劇場版第3弾。怪盗キッドから“インペリアルイースターエッグ”を狙うと予告状が届く。コナンたちは早速大阪へ向かうが、逃走中のキッドが何者かに撃たれ…。

(引用 amazon 劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師 [DVD]

1999年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第3作。

今作から怪盗キッドが登場。更に服部平次も登場して、コナンとの共闘を窺わせるものの、服部はあっけなく序盤で退場という扱いのまま終わってしまい、少し寂しさを感じたのが残念。あくまで服部は本作ではゲストというようなポジションであった。

前半部分はコナンVSキッドを描きながら、次第にキッドをフェードアウトさせて、後はいつもの名探偵コナン節といった展開になるのだが、キッドの存在感を我々に印象づけてそれを作品に常に効かせてあるから、単純に犯人とコナンとの対決の緊張感だけでなく、その裏に潜むもう一つの存在による介入に対しての期待や想像を膨らませながら楽しむことが出来る仕掛けになっているのが面白かった。

実際の映画本編はそれなりにメッセージ性に富んでいてドラマチックでありながらも、迫り来るピンチや犯人とのやり取り部分とそこに至るまでの過程で少し窮屈な作りになっていると感じたが、中盤からコナンのサポート役として影に徹していた本作ならではのキッドの魅力が、ラストの新一に変装して振る舞ってみせるキザで粋な演出に凝縮されていたのは素晴らしかった。

後からもう一度見なおして、キッドがどういう動きをしていたのか、思わずチェックしたくなるというところもうまい。名残惜しさを残して去っていった怪盗キッドに拍手を送りたくなる。アニメ版ではキッドの声を当てているのが新一役の山口勝平というのも考えれば趣きを感じるところだ。コナン対キッドというのは、ひょっとしたらコナン対新一というロマンも一緒に乗せているのかもしれない、そんなことを思った。
                 

コメント

        

        
> > 名探偵コナン 世紀末の魔術師 (映画)