俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 (アニメ)

                 
story0301.jpg story0302.jpg story0303.jpg
オフ会で「黒猫」と「沙織・バジーナ」という初めてのオタク友達をみつけた桐乃。思う存分、オタク趣味を語りあい、充実した日々を過ごす。そんな桐乃の様子を見た京介は安心する。「人生相談」も終わり、元の日常にもどるかと思われた、ある日。京介が帰宅するとただならぬ気配が…。

黒猫と沙織という同性のオタク友達を見つけた桐乃は趣味を通して順調に友情を育んでいく。そんな妹の姿に兄である主人公はもう自分が妹に同情して趣味に付き合ってやる必要はないと思うほどであったが、その矢先に、桐乃は隠していた自身のオタク趣味が両親にばれてしまい、父親に叱責されることになる。

この事態を主人公が何とかしようと、父親と向かい合い、桐乃の趣味を認めてもらうように訴えるのだが、ここまでの話の流れにおける主人公の存在は、男性のオタクを女体化させたかのように投影された桐乃という美少女を視聴者と共に男性として見守る潜在的なオタク男性というものになっているので、父親と主人公の二人のやりとりは主人公が妹の存在を挟んで非オタクがオタクを擁護するような格好で堂々と主張するほどに結果的にやましさが滲み、迫力不足の上滑りしたものになってしまっていたのが残念だった。

ただ、妹と恋をする話で親がきちんと存在感を放っており、そこに主人公が妹を認め、肯定してもらうように男として叫ぶところは、如何にも後の展開を示唆しているような作りになっていて味わい深かったし、オタク趣味に無理解な存在を決して悪意を以って描こうとせず、自分達もまた相手に対して無理解であるという謙虚な姿勢から、現実(外)と折り合いをつけてうまくやろうよとメッセージを発する程度で着地する穏やかさにバランス感覚の良さがあったのも好印象だった。

エピソードのタイトルが作品のタイトルそのままになっている今回、いよいよプロローグは終わって、次回から本格的に主人公と妹の仲が異性の関係として進展していくことになるのだろうか。
                 

コメント

        

        
> > 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 (アニメ)