はたらく魔王さま! 第6話 魔王、学校の階段を昇る (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20130510 214152 全画面キャプチャ 20130510 214152-001
アルバイトの身でありながら時間帯責任者となった真奥は、芦屋と焼き肉屋で祝杯をあげていた。
一方ヴィラ・ローザ笹塚では、真奥に敗れエンテ・イスラに帰れなくなったルシフェルこと、漆原半蔵がひとりで留守番中。彼には真奥からパソコンとインターネットを使い、魔力に関する情報を収集せよという使命が与えられていたのだ。
そしてとあるサイトで「笹幡北高校の七不思議」という情報を見つけるのだが、そこは佐々木千穂が通う学校だった。

前回で魔王に反旗を翻して襲いかかってきたルシフェルは漆原として魔王と同居していた。詳しい過程が省かれているものの、魔王の器が大きく、寛容であるということが分かる。漆原というキャラクターについては、小生意気な子どもっぽさと情報サポート役に相応しいサイバーカルチャーやサブカルチャーへの造詣の深さが少し煩わしさを感じさせ、話の展開のさせ方を今までより更に収拾がつかず、締りのないものにしているのが気になった。

今回の話のタイトルは「魔王、学校の怪談に昇る」。てっきり、魔王が学校に編入して、学園ものになるのかと思いきや、魔力に関する情報として漆原から提供された千穂の通う高校の七不思議についてを調べるというものだった。
結局は漆原が落としたゲーム機を魔王に拾わせる目的だったというオチになっているが、ゲーム機と漆原の存在に気を取られた隙に、実はそこには隠された秘密があるのではないかという伏線めいたものが暗示された演出も見られたので、今回の話が後にどう影響してくるかが楽しみである。

このアニメは真面目にバトルしているよりも、アドベンチャーモードに入ってワイワイしている方が面白いなとは見ていて思った。
                 

コメント

        

        
> > はたらく魔王さま! 第6話 魔王、学校の階段を昇る (アニメ)