ネコのミヌース (映画)

                 
ネコのミヌース [DVD]ネコのミヌース [DVD]
小さな町の新聞記者ティベは、気弱な性格からいつも取材が上手く行かず、編集長から特ダネ記事を書かないとクビにすると告げられてしまう。そんなティベの前に、ミヌースという1人の女の子が現れた。おかしな仕草をする彼女の正体は実はネコで、ティベは家に置いてやる代わりに、彼女と仲間のネコたちとのネットワークを通じて得たスクープを記事にし手柄をたてていく。
ある日、ミヌースは仲間のネコから町の名士であるエレメートがニシン売りをひき逃げしたことを聞かされる。ティベはそのことを早速記事にするが、彼を疑うものはなく、逆に信頼を損なったティベはとうとう新聞社をクビにされてしまう。
エレメートは町の動物好きとして知られ、今度動物友の会から表彰されることが決まったほどだが、本性はネコを捨てたり暴行したりする大のネコ嫌いだそうだ。ミヌースと仲間のネコたちは、エレメートをやっつけるために立ち上がった。

(引用 Wikipedia ネコのミヌース

2001年のオランダ映画。

気弱な性格で取材が上手くできない主人公がミヌースという女性と出会い、猫から人間になったという彼女から様々なネタを提供してもらうことで新聞記者として認められていく、という話。

猫の愛くるしさを上手く演出したコメディ仕立てになっている。童話を原作にしているからか、分かりやすい勧善懲悪になっており、少し考えると猫のネットワークとジャーナリストが結託することによって個人の情報が筒抜けになるところは監視社会とメディア(ジャーナリズム)の正義を風刺したちょっとしたホラーでもあるのだが、そういう意味性がありながらも、あまり難しいことを考えず、人間と猫の間で揺れ動くミヌースの姿やキュートな猫達を追っかけているだけで楽しい素敵な作品だった。
                 

コメント

        

        
> > ネコのミヌース (映画)