はたらく魔王さま! 第13話 魔王と勇者、真っ当に仕事に励む (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20130717 173625 全画面キャプチャ 20130717 173625-001
「エンテ・イスラに帰らなければならないんだ」そう告げる真奥に「私も連れていってください!」と泣きながら訴える千穂。しかし真奥は悲しげに首を振る……。
そんな夢を見た千穂は、真奥が本当に帰ってしまうのではないかと不安を覚える。また恵美も、幡ヶ谷を支配したと宣言する真奥の夢を見て、改めて気を引き締めた。
そんな折、真奥は木崎に1週間の休みを願いでる。 それを聞いた千穂は、このまま帰ってこないつもりではと問いただすが、真奥は否定するのだった……。

とうとうはたらく魔王さまも最終回。サリエルとの戦いに決着がつき、最終話でもおかまいなしに終始コメディ調の展開が繰り広げられる平穏な日々を取り戻した魔王たち。千穂はエンテ・イスラに魔王が帰ってしまうのではないかという夢を見て不安に囚われたが、魔王と勇者は現代日本に残ってこれからも働き続けるという選択をする。

最終回らしさがあまりないほのぼのとした展開で、あっけなく終わってしまったのが意外だった。思わせぶりに謎のベールに包んだ大家の正体が明らかにならないまま終わってしまうなど、まだまだ回収しきれていない伏線があっただけにもう少し引っ張れるようなところをオーバーに演出してこの作品に対する続編を期待させる終わり方にしても良かったようにも思うが……。

回が進むごとに登場人物が増えて賑やかになり、各キャラの個性をうまく活かして話を盛り上げようとしていたものの、異世界から現代日本に飛んで来た当初のギャップを利用したエネルギッシュなギャグに比べると、生活感が出てくるにつれてどんどんトーンダウンしていくのが見ていて辛い作品だった。
現代日本で働くことを肯定的に捉え、一人の男がマグロナルド(マクドナルド)のクルーをしながら得た賃金だけで男3人で逞しくそして楽しく都内で暮らす様などはとても清々しい明るさとロマンがあって良かったと思うだけに、勢いが続かずに中途半端な印象の出来に映ってしまったのが惜しかった。
勇者の役回りと存在感の弱さも気になったが、魔王が魔王(男)として世界の規律に対する抵抗を見せないまま支配する側から支配される側に回っていて、時折露わにする野心もポーズのようにしか見えないなど、全体としてほのぼのし過ぎてメリハリがきいておらず、世界の主(魔王)と一家の主(真奥)という男の生き方の繋ぎ方・重ね方がちぐはぐで迫力不足だと感じた。
                 

コメント

        

        
> > はたらく魔王さま! 第13話 魔王と勇者、真っ当に仕事に励む (アニメ)