6年目も恋愛中 (映画)

                 
6年目も恋愛中 プレミアム・エディション [DVD]6年目も恋愛中 プレミアム・エディション [DVD]
『青春漫画~僕らの恋愛シナリオ~』のキム・ハヌル、『僕らのバレエ教室』のユン・ゲサン共演によるラブコメディ。仕事と恋愛の成功を目指す女性編集者・ジェヨンと、ホームショッピングのプロデューサー・タジンの波乱万丈な恋愛模様を描く。

大学のサークルで出会ったジェヨン(ユン・ゲサン)とダジン(キム・ハヌル)。付き合い始めた頃は、デートでの別れさえも名残惜しかった2人の恋愛は、6年後もまだ続いていた。ダジンは仕事でも出世を目指し、テレビショッピングのプロデューサー、ジェヨンは同僚のジウン(チャ・ヒョンジョン)と急速に接近する。実は順風満帆に見える彼らにも、互いに人知れぬ不満が溜まっていた・・・。

(引用 amazon 6年目も恋愛中 プレミアム・エディション [DVD]

2008年の韓国映画。
付き合って6年目のカップル、結婚するでもなくだらだらと半同棲の関係を続ける二人にかつての燃え上がるような恋愛感情はなく、倦怠感に包まれていた。すれ違いと惰性の日々を送る二人に新たな恋という誘惑が襲いかかり、破局に向かっていく。という話で、生々しい浮気の描写などがあり、ラブコメというには少しシビアなシリアス路線に乗せられていた。
作品のメッセージもなかなかシビアで、破局した二人がまた偶然の出会いから新しくやり直すというエンディングになっているものの、恋愛賛歌というよりは、付き合って6年目でけじめもつけられないまま薄れゆく恋愛感情について惑っているカップルに対して批判的な内容になっていたように感じた。最終的に目指すところが年老いても寄り添う二人の姿に設定されていたのが象徴的だった。

韓国映画らしくあまり飾らない素朴な風貌の自然体なままキザなセリフを吐いたり、豊かな感情表現で自分をアピールしてみせるところは良かった。倦怠期のカップルの描き方もオーバーな感じやわざとらしさがなく、好きなんだけど一緒にいることに慣れてしまっているという状態をうまく演出できていたと思う。
劇中の展開では男の浮気に対して甘く、女の(男に比べて)軽い浮気にとても厳しいものになっていたが、メタ的にはよりひどい裏切りをした男の浮気の方が女を傷つけていてひどいときっちりと注釈がつけられていたのも面白かった。
                 

コメント

        

        
> > 6年目も恋愛中 (映画)