Free! 7Fr 決意のスタイルワン! (アニメ)

                 
free-dtl-storyNav-7Fr-02.jpg free-dtl-storyNav-7Fr-03.jpg free-dtl-storyNav-7Fr-04.jpg free-dtl-storyNav-7Fr-05.jpg
県大会が迫り、遙たちはみるみる実力をつけていた。
その頃、凛は水泳への思いと向き合い、本音を明かす。
大会当日、今までの成果を出しきるために、彼らはスタート台に立つのだった。

いよいよ県大会の日がやってくる。相変わらずマイペースを貫いているように見えた遥だったが、凛の殺気に煽られるようにして闘争心が湧き上がってくるような描写があり、スポ根もののような熱い展開を期待させてくれる。実際、二人の直接対決はなかなか熱く描かれる。

ただ、凛と遥の因縁はわかるのだが、何故フリーでしか泳がないというポリシーなのかが語られないなど、まだ遥というキャラクターへの言及が弱い段階のままストーリーを盛り上げるために、一方の凛のキャラクターについてだけやたらくっきりとさせるように描き込んでいるところが気になった。
その無理に作ったようなテンションが、あまりに岩鳶高校水泳部の日常と対照的な黒みを帯びた雰囲気で、しかも遥がポーカーフェイスで暖簾に腕押しのような気だるさを感じさせるキャラなだけに、凛というキャラクターの存在自体までが空回りなものに映ってちょっと白けたところもあった。

今回では凛の父親の死についても語られるが、これは前回で明かされた真琴のトラウマと重なっているのではないかという部分でもあったので、今後、こういう有機的な繋がりを活かしてうまくバランスを取りながら、遥、真琴、渚、凛の4人の化学反応でストーリーが盛り上がっていくといいなと思う。
                 

コメント

        

        
> > Free! 7Fr 決意のスタイルワン! (アニメ)