ランス01 光をもとめて 体験版

                 
全画面キャプチャ 20130829 173132 全画面キャプチャ 20130829 173628 全画面キャプチャ 20130829 174225
全画面キャプチャ 20130829 174956 全画面キャプチャ 20130829 190305 全画面キャプチャ 20130829 193448

アリスソフトの新作『ランス01 光をもとめて』の体験版をプレイしました。
20年前以上前に出たゲームのリメイクで、「父親が遊んだかもしれないエロゲー」というコピーがユーモアと共にアリスソフトの歴史を感じさせてくれるセンスの良さでなかなかうまいなと思います。アリス2010でランス2もリメイクされていましたが、今後ランスシリーズはどんどんリメイクされていくのかもしれませんね。

ランス1については僕は昔といっていいほどだいぶ前にアリスの館456に収録されているのをプレイしたことがありますが、具体的な内容はもうほとんど忘れてしまった状態です。正直、アリスの館456をやった当時すらだいぶ古めかしかったという記憶があり、あまりインパクトが自分にはなかったのではないかと思いますが、それだけにリメイクされてとっつきやすくなった今作でランスシリーズのおさらいをしておきたいところです。

体験版を実際にプレイした感想としては、古めかしさをところどころに醸しつつも一方で現代のユーザーの求めるクオリティにきっちりと応えて快適にプレイできるようにまとめられたRPGになっているとは思いました。ミドルプライスということもあってか、ややスケール感に欠け、マニア心をくすぐるピーキーな感じの手応えがしなかったのは残念ですが、そのぶん、気楽に片手間に遊べるゲームになっていると思いましたし、ランスは作品を重ねるごとに風呂敷が広がっていったので、このぐらいの規模の方が冒険をしている感じが良く演出されているともいえるかもしれません。

戦闘にチップとベットという概念が導入されており、装備やアイテムなどをチップの上限分だけ持つことができ、これを戦闘中に使用する状態をベットとして扱うのですが、装備によっては1回ベットしたら設定されているクールタイムの分のターンを消化するまで次の使用が不可になるので、その辺を考慮しながら雑魚戦からうまく装備を組み合わせてベットしていくところに駆け引きが生まれそうで興味深かったです。
ただ、体験版の段階ではレベルさえ上げておけば適当に武器と防具をチップに並べて戦闘では全選択押しでベットを済ませて殴っていくという力押しで簡単に攻略できました。
チップは体験版では7が上限でしたが、レベルを上げていけばもっと増えていくと思われるので、先に進むに連れて、このシステムを活かした緊張感がどのようにして生まれていくのかが気になります。
今回のランスは丸腰ではてんで弱く、与えるダメージも受けるダメージもほとんど装備依存になっていますが、そのためにチップにショートソードを並べ、それらを複数同時に使って斬りかかるのがゲームデザイン上有効になっているところ、光景を想像するとちょっとシュールではありますね。

bnr_468x60a.jpg

ランス01 光をもとめて【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】[アダルト]ランス01 光をもとめて【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】 [アダルト]
                 

コメント

今作は、あまり面倒ではない今風の作りと言った感じでしょうか。
システムを一新したリメイクは、さすがアリスソフトですね。
今後、1作ずつシステムが違うリメイクをしたら凄そうです。

『ランス・クエスト マグナム』のやり込みがかなり残っているので、
購入は迷っているところです。
>>ランスロットさん

ランス02は割とベタなリメイクだったみたいで、それに比べると今回のは大胆にチェンジしてきていて面白いですね。

自分も早くランスクエスト終わらせないと……
        

        
> > ランス01 光をもとめて 体験版