ランス02 反逆の少女たち (ゲーム PC)

                 
全画面キャプチャ 20130910 190816 アリス2010 アリス2010

もうすぐランス01が発売されるということなので、おさらいを兼ねてアリス2010に収録されているランス02をプレイ。
リメイク元はアリスの館456に収録されているものを昔にプレイしていたものの、ほとんど記憶がなくなってしまっている状態。このへんはランス01の体験版の感想にも書いた通り。
ランス01が新たなアイディアによって大胆にリメイクされているという印象だったのに比べると、こちらはアリス2010の1コーナーという扱いだからかファンディスク的なスケールのベタなリメイクになっていると感じた。

ゲームとしての本編そのものについては手を加えずにグラフィックを一新、更にバックログなどのにシステム周りについてのみ現代の技術によって洗練させたという風で、プレイしていると昔の記憶が甦ってくるクラシックな手応えが存在していた。昔のゲームということもあって、システムに硬さがあって操作性が気になるものの、限られた容量の中でどれだけ奥行きを出すかを求め続けた努力の結晶として謎解き要素などのギミックが豊富であり、ストーリーとギミックによって世界観が盛り上がるRPGとしての面白さを堪能することができた。

本作はシリーズお馴染みの人気キャラとなったマリアと志津香の初登場作品であるが、敵として登場する彼女たちとの対峙も今だからこそ味わえる新鮮さがあった。

全画面キャプチャ 20130903 113543

ランスとマリアとミリの3人での戦いや、シィル視点での冒険がユニークで面白かったです。1回戦闘するとすぐにSPが枯渇するので、その度にキャンプで休憩をしてSP回復をさせているのがゲームのテンポとして気になりましたが、スキップボタン押しながらプレイすれば高速でゲーム進行できるので慣れればスムーズに。ただ、ゲームの謎解きはなかなか難しくて足止めを食らってしまいそうなものも。Hシーンは昔のゲームということもあって尺がかなり短い。

あちこちに遊び心が感じられ、アリスらしさがあって楽しかった。そういえば、トマトさんがアイテム屋で登場していた。なるほど、ランスクエストでアイテム収集に重宝する彼女は本作で登場していたのか。トマトさんとのHシーンもあるのだけど、本番なしのヌード(前戯)だけでした。

全画面キャプチャ 20130910 162634 全画面キャプチャ 20130910 162646
全画面キャプチャ 20130910 162822 全画面キャプチャ 20130910 162828
                 

コメント

        

        
> > ランス02 反逆の少女たち (ゲーム PC)