プリズン・ブレイク シーズン1 第15話「計画変更」BY THE SKIN AND THE TEETH (ドラマ)

                 
pbs0115.jpg
突然、死刑執行が延期された! ホッとすると同時に事情がわからず呆然とするマイケル。リンカーンは「電気椅子に座らされた時、立会い室に行方不明になっている父親の姿を見た」と言うがベロニカもマイケルも幻覚だと言ってとりあわなかった。延期が決まったことにより、マイケルはタトゥーを見なおし新たな脱出ルートの準備を始める。

突然、新たな証拠が出てきたという理由でリンカーンの死刑執行が延期される。電気椅子に座ったところで最期を覚悟してからの展開、やや出来すぎな感じもあったが、一人の命を救うために必死に動く者たちへの作品からの敬意が表れていた。

リンカーンの死刑が延期されたことで、マイケルは早速新たな脱出計画を練り、その準備を始める。一度失敗して吹っ切れた部分と絶体絶命の窮地から救われたリンカーンの存在がチームのメンバーに良い影響を与えたのか、メンバー間でのわだかまりが解けていき、ティーバッグが機転を利かせることで仲間を救うなど素晴らしいチームワークを見せ、雨降って地固まった形となる。だが、脱出のためにこれまで以上にリスクを冒すことになったマイケルは火傷を負ってしまい、身体に彫った設計図の重要な部分が消えてしまうのであった。

新章スタートいった感じで、前回までは話があちこちに飛びすぎて散漫な印象もあったが、今回は脱出ものとして緊張感に溢れる展開を純粋に楽しむことができた。マイケルの火傷についてサラが誤解をする気配を見せるなど、今後の展開の鍵となりそうな伏線も早速いくつか敷かれており、密度の濃い内容となっている。
                 

コメント

        

        
> > プリズン・ブレイク シーズン1 第15話「計画変更」BY THE SKIN AND THE TEETH (ドラマ)