ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 (ゲーム PSP)

                 
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Bestダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best
舞台は、あらゆる分野の超一流高校生を集めて育て上げる為に設立された、政府公認の特権的な学園「私立 希望ヶ峰学園」。国の将来を担う希望を育て上げるべく設立されたこの学園に、至極平凡な主人公、苗木誠もまた入学を許可されていた。
平均的な学生の中から、抽選によってただ1名選出された超高校級の幸運児として……。

入学式当日、玄関ホールで気を失った誠が目を覚ましたのは、密室となった学園内と思われる場所だった。
「希望ヶ峰学園」という名前にはほど遠い、陰鬱な雰囲気。薄汚れた廊下、窓には鉄格子、牢獄のような圧迫感。何かがおかしい。

入学式会場で、自らを学園長と称するクマのぬいぐるみ、モノクマは生徒たちへ語りはじめる。
――今後一生をこの閉鎖空間である学園内で過ごすこと。外へ出たければ殺人をすること。――

主人公の誠を含め、この絶望の学園に閉じこめられたのは、全国から集められた超高校級の学生15人。
生徒の信頼関係を打ち砕く事件の数々。卑劣な学級裁判。黒幕は誰なのか。その真の目論見とは……。

(引用 amazon ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best

ダンガンロンパ、クリアーしたどー。

学園内に監禁された高校生たちが校則に則ったコロシアイ共同生活を送っていくという、逆転裁判のシステムにバトルロワイアルの世界観をくっつけたような感じの推理系アドベンチャーゲーム。

ストーリーもゲームシステムも既視感のあるネタを採用しており、本編からして他の様々な作品から着想を得てオマージュを捧げていることを堂々と認めているのだが、その上で尚豊富なアイディアで以って既存のシステムやプロットをブラッシュアップして融合させたクオリティは見事なもので、ティーンエイジャーに向けたその圧倒的なセンス重視の尖り方がプレイヤーをゼツボウガクエンの世界へと強い力で引きずりこんでくれる。

大山のぶ代が演じるモノクマのシュールなキャラクターによる凄惨なおしおきや恐怖で作品が緊張感と疑心暗鬼の心の闇に包まれている一方で、モノクマ含めた各キャラクターの個性を活かしたギャグ調の明るいやりとりも常に配置されており、そのギャップが作品をとてもエネルギッシュなものにしていたのも良かった。本作における絶望と希望の戦いというテーマが、そのまま恐怖と笑いの混在として表現されているのである。

後半に進むほどシナリオに強引さと粗が目立ち始めるものの、あちこちに張り巡らされた伏線を回収していく過程でよく作りこまれた世界観を堪能することができたし、システムやアイディア的に学級裁判もおしおきもウィットに富んでいて素晴らしかった。裁判パートにアクション要素を絡めているのもまずまず良かったと思う。

しかしただ一点、ゲームを進めていく上で主人公が共同生活を送る他のキャラクターと仲良くなることができる自由時間が少なく、何周も同じチャプターを頭から開始するというループで好感度を稼がなければ、他の登場人物のもう一つの顔を見ることができないのは勿体無いなと感じた。
このゲームは何か一つの出来事や一人の人物に対して、見る角度によって印象が大きく変わるのが魅力の一つなので、その重要なポイントである好感度による表情や態度の変化を見るために、ストレスの溜まる繰り返し作業をしなければならないのが、センスに溢れた本作にあって、とてもダメな部分として目立ってしまっていた。

51EpaOSMiOL_AA300_-001.jpg 51jsjgtg7UL_AA300_-001.jpg
51TWFpLQBgL_AA300_-001.jpg 51C6TLxo2L_AA300_-001.jpg
                 

コメント

        

        
> > ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 (ゲーム PSP)