ダンガンロンパ #07 新世紀銀河伝説再び! 装甲勇者よ大地に立て!非日常編 (アニメ)

                 
dangan0701.jpg dangan0702.jpg dangan0703.jpg
dangan0704.jpg dangan0705.jpg dagnag0706.jpg
山田一二三、石丸清多夏、2人の殺害の疑いをかけられたのは、メンバーのなかで唯一、アリバイのない葉隠康比呂。だが彼は前日の夜、何者かに呼び出され、ロッカーのなかに隠されていたジャスティスロボのなかに閉じ込められていたという。果たして真犯人は誰なのか。3度目の学級裁判の幕が開く。

学級裁判パート。犯人のセレスは超高校級のギャンブラーで、ゲームでは鷲巣麻雀に参加して勝ったというエピソードまで披露してくれるのだが、今回の犯行ではやや詰めの甘さを感じさせた。とはいえ、それは視聴者(プレイヤー)としてのメタ視点と超高校級の面々による推理を通すからそう思うのであって、よく練られた綿密な計画を見事に実行して見せる胆力と演技力、そしてそのトリックの内容は素晴らしかった。

アニメではカットされていたのかもしれないが、実はゼツボウマガジンのエピソードで死体に偽装工作をして捜査を撹乱した十神の目的は、自分がクロになる場合に誰を殺せばいいのか頭の切れる厄介な人物を知ることであり、そしてその対象は苗木と霧切であることがアピールされていた。
しかし、セレスが殺したのは山田。何故ここまでの裁判で中心となって犯人を突き止めてきた苗木、霧切、十神ではないのか。それはセレスが犯行の動機として吐露したように、どうしてもここから出たいという思いに支配されていたからであり、そこからくる焦りがギャンブラーとしての狂いを生じさせたのであろう。セレスがここで勝負を焦らずに「見」に回れていれば、殺す対象は別の人物になり、結果もまた変わっていたかもしれない。
個人的にはセレスが卒業生となるエンディングも見てみたかったところだ。

セレスについて、もう一つ大きなポイントであったのは、おしおきを受ける前に霧切に対してアルターエゴが希望とは思えないと言い残すことだろう。様々な解釈が出来るが、後の展開を知った上で考えてみると、監視カメラのついている個室で山田とアルターエゴについてやりとりをしたセレスはアルターエゴの存在が既に黒幕にバレていることを知っており、アルターエゴそのものへの希望もまた黒幕の掌の上で踊らされていると認識していたのではないだろうか。
また、自分の本名を知っていた山田と彼が死の間際に言い残した言葉に外の世界に出ることが希望ではない可能性に気づいたということでもあるのかもしれない。この場合、セレスは死への恐怖を自分を偽ることで隠していた一方で、実はクロであることがバレる前から生き続けることに対して既に絶望していたという考えも出来、「また来世でお会いしましょう」というセリフに様々な意味を重ねる事ができる。

今回のポイント

・石丸を殺したのは山田。山田を殺したのはセレスで、アルターエゴを盗んだのもセレス。

・セレスは山田を騙すことで共犯関係を築いた。

・セレスは本当は外に出たくて仕方がなかった。

・セレスの本名は安広多恵子。

・セレスはアルターエゴが本当に希望なのかと最後に言い残す。
                 

コメント

        

        
> > ダンガンロンパ #07 新世紀銀河伝説再び! 装甲勇者よ大地に立て!非日常編 (アニメ)