仏陀再誕 The REBIRTH of BUDDHA (映画)

                 
仏陀再誕 [DVD]仏陀再誕 [DVD]
はるか昔、2500年前、あのインドにおいて、王子として生まれたゴータマ・シッダールタは人生の答えを探し求めて、その国も地位や名誉も妻子をも捨てて、出家し修行の道へと入った。そして流浪の6年ののち、ついに人類最高の悟りを得て「仏陀」となった。仏陀となったゴータマはその生涯をかけて、心の教えを説き、さまざまな人々を苦しみの境地から救っていった。それから幾多の月日が流れ、荒廃した現代の世を救うために、「仏陀」はこの地に再誕する。
桜岡女子学園の高校2年の教室、倫理社会の授業中に居眠りで山田先生に注意される女子高生の天河小夜子(あまのかわ さやこ)。ここで2500年前ゴータマ・シッダールタの人生が教科書に出てくる。
新聞記者の金本に憧れる彼女は、自身もジャーナリストを目指していた。ある日、その金本は汚職事件に関するガセネタをつかまされて誤報を出してしまい、これを苦にしてホームから電車に飛び込んで自殺してしまうのだった。
その死亡のニュースを聞いてショックを受けた小夜子は、精神的なショックから、そのときから霊が見えるようになってしまい、困惑した日々を送っていた。ある日、金本が自殺したところの駅のホームで、あやうく電車にひかれそうになる。その瞬間、小夜子を救ったのは、大学生の海原勇気 (うなばら ゆうき) だった。小夜子は、ふとあることで知った「ある言葉」に興味をいだきつつ、心配して「行くな」と止める彼の気持ちをよそに、放送番組で知った「仏陀」と名乗る人物の会合に行くことにした。
しかし、真実を求めて見えない世界の中をさまよいはじめた小夜子には、次々と恐ろしい魔の手が襲いかかる。

(引用 Wikipedia 仏陀再誕

2009年の日本映画。
幸福の科学によるアニメ作品。

浦沢直樹の「20世紀少年」はカルトとの戦いを描いた漫画で、作品後半では文化(自由)VSカルトという構図で対決が描かれていた。この場合の文化というのは直接的な意味と同時に多分に比喩的な表現も含んでいるわけだが、カルト宗教は所詮洗脳であり、本当に人を惹きつけることができる「文化」とは違うということが強調されていたように思う。

幸福の科学がカルトであるかどうかはともかく、果たして馴染みのないマイナーな宗教(団体)というものが前面に出て製作された映画が多くの人を惹きつけることが出来るのかどうか。

作品の出来がよければ宗教の胡散臭さなんてどうでもよいというのがほとんどの一般市民の意見だと思うが、信者だけでなく広く色々な人に見てもらおうと大々的に宣伝されていたこの作品はどうなのだろう。

興味を持って観たわけだが、はっきりいえば作品の出来にはがっかりした。作りがちゃち過ぎる。雑で脈絡のない場面展開とプロット。
霊とか超能力とかUFOとか幸福の科学の教義であるとか幸福の科学にとっての常識というのはファンタジーとしてそれはそれでいいのだけど、その教義の正しさであるとか非常識な常識の説明と正しさと美しさを証明する意図が単純なストーリーの上にありありとわかってしまうので、信仰のない者からするとどうしても観ていてどん引きしてしまう。

ティーンエイジャーの恋愛とか勧善懲悪とか家族愛とかのフィクションとして分かりやすい要素で肉付けしたところで教義を映えさせるためにストーリー(世界)であるとかキャラクター(人)が存在しているので、インチキ体験談を読んでいるかのような薄ら寒さしかしなかった。
ちょっとぐらい「おっ!」って思わせてみろよ。本気で騙して引き込んでみせろよ。とすら思ったほどで、作り話の娯楽として見て程度が低い。
でも、娯楽映画としては質が悪いけど、信者やこれから入信してくれる人向けの説明・入門映画としては金かかってそうだし、堅苦しさがなくアニメで丸っこい分、とっつきやすくて出来がいいぐらいになるのかな。無茶苦茶だけど一応破綻はしてないし。ただ、そう見ると話の単純さが逆に怖くなるわけで……。

カルトインチキ宗教が蔓延っているせいで(自分達の正しい)宗教が不審がられているという主張や、そのインチキ宗教のモデルがどことなく創価学会・池田大作ぽかったりするところは楽しかったので、是非とも幸福の科学が内に溜め込んでいる創価学会への怨嗟を全て吐き出した上での宗教全面戦争編を描いた作品を製作して欲しいところです。
                 

コメント

        

        
> > 仏陀再誕 The REBIRTH of BUDDHA (映画)