ダンガンロンパ #09 オール・オール・アポロジーズⅡ (アニメ)

                 
dangan0901.jpg dangan0902.jpg dangan0903.jpg
dangan0904.jpg dangan0905.jpg dangan0906.jpg
黒幕の内通者だった大神さくらが密室と化した娯楽室で発見された事件の捜査が始まり、直前に彼女から呼び出しを受けていた十神、腐川、葉隠の3人に容疑がかかる。そうして開かれる4度目の学級裁判。犯人は一体誰なのか? 裁判が進むにつれて次々と新たな事実が発覚し、事態は混迷し始めるが……。

学級裁判パート。原作でもほとんどの謎は学級裁判での推理と議論によって解かれるとはいえ、そのための重要な伏線となる捜査パートがほとんどカットされている状態なのが本当に勿体無いなと思う。
原作では登場人物それぞれが推論をぶつけ合い、その積み重ねから根拠や矛盾が生まれる手順が重視されていたが、アニメではそれが視聴者にわかりづらく、推理についてあまりにも唐突にすごい発想が出てきているという印象になってしまう。

今回の真相としては、大神さくらは自殺であり、大神自身がクロというものであったが、葉隠と腐川(ジェノサイダー翔)が大神への恐怖(生への執着)からボトルで大神の頭部を殴ったという事実が示したように、大神を殺したのはクロとは限らないのではないかというテーマになっている。
そしてそれは、今まで学級裁判で自分達が生き残るためにクロを当てることでクロを処刑してきた全ての生存メンバーに対して重くのしかかってくるのだが、大神は自分の死を乗り越えて生きることを苗木たちに力強く訴えており、大神の死によって結果的に苗木たちの間に強い絆が芽生えることとなる。
原作ではこの後、主人公の苗木が仲間を信頼し続ける事ができるかどうかでエンディングが変わるギミックが用意されていたが、アニメ版ではどうなるのだろう。

今回のポイント

・大神の死は自殺によるものだった。

・大神への恐怖から葉隠とジェノサイダー翔が大神の頭部をボトルで殴っていた。

・大神の死に偽装工作をしたのは朝日奈。朝日奈は大神に冷たくあたった人たちのことが許せなく、皆おしおきされて死ねばいいと考えていた。

・死んだ大神の代わりにアルターエゴがおしおきを受ける。アルターエゴの存在について黒幕は最初からお見通しだった。

・学園内にまだ姿を見せていない16人目の高校生、超高校級の絶望である戦刃むくろが存在することが霧切から苗木に伝えられる。
                 

コメント

        

        
> > ダンガンロンパ #09 オール・オール・アポロジーズⅡ (アニメ)